仙台平 の工程

  の製造工程は約30工程にも及び、生糸の精錬から仕上げまで一貫生産している。その技術は一子相伝の秘伝であり、製織には数十年の熟練を要する。

大まかな工程

生糸の精練灰練

染色独特の植物性染色

糸返し

整経

製織無撚濡れ緯糸を用いての
特殊打ち込み法

仕上げ












このページの上へ戻る △

仙台平 とは 】

仙台平 とは合資会社仙台平(宮城県仙台市) だけで作られる周知著名な絹織物で、それを作る技術である精好仙台平は重要無形文化財に指定されています。
合資会社仙台平の代表 甲田綏郎(こうだよしお)は、江戸時代から続く 仙台平 の伝統と技を守り、重要無形文化財保持者に認定されています。
仙台平 は合資会社仙台平の登録商標です。