重要無形文化財技術保持者

甲田 榮佑

(1902〜1970)

 

《 利 久 》

《 八 光 》

経歴

 明治35年(1902)7月10日、宮城県仙台市に生まれる。大正9年(1920)東京府立八王子織染工業学校専門科を卒業。以後、父甲田陸三郎、及び当時優れた技術者であった佐山萬次郎について厳しい指導を受け、大正12年(1923)、20才で甲田機業場を継承した。
 戦後の企業整備など幾多の困難や苦境を乗り超え、仙台平の伝統を支え、昭和31年4月、重要無形文化財技術保持者として認定される。
 この栄誉に応えて、榮佑はその伝統の保持と、更に天然染料の扱いや、糸練り等に独自の工夫、創意を凝らしていった。生糸のセリシン(膠質)を適当に処理して絹糸にふくらみを持たせ、光沢のある生地に仕上げる絹糸処理の特許許可を二件取得する。経糸に練糸、緯糸に無撚りの糸を数本に引き揃えた濡緯を打ち込む、緻密な伝統技術に熟達した。さらに、植物染料による染色にも精通し、織りの精緻さでは右に出る者がいないと評された。
 昭和45年(1970)1月17日没。
 生涯、よりよき作品の完成に全生活を打ち込んだ真摯な努力を重ねた。

指定・受賞など

・ 昭和31年(1956)4月24日
 重要無形文化財技術保持者に認定される。

・ 昭和43年(1968)11月16日
 紫綬褒章を受章

・ 昭和45年(1970) 1月17日
 勲四等旭日小綬章を受章

 日本伝統工芸展入選数回

主な代表作品

「利久」「八光」「鳳雅」「寿楽」「仙霊の瀧」
「妙曲」「松涛」  など

このページの上へ戻る △

【 仙台平とは 】

仙台平とは合資会社仙台平(宮城県仙台市) だけで作られる周知著名な絹織物で、それを作る技術である精好仙台平は重要無形文化財に指定されています。
合資会社仙台平の代表 甲田綏郎(こうだよしお)は、江戸時代から続く仙台平の伝統と技を守り、重要無形文化財技術保持者に認定されています。
*仙台平は当社の商号及び登録商標です。